検索
  • 愛海

私とファイアーオパール

ちょっと不思議なお話です。


これからは、そう言った不可解なエピソードを書き留めて行こうと思います。




私が占い師に戻った理由も「 石 」 からだった。


そのお話は又次回にでも。


占い師に戻った切っ掛けの1つの話。



今回の石は 「 ファイアーオパール 」


別名、メキシコオパールとも呼ばれ名前の通り、太陽フレアのような石である。



私自身、全く興味がない石。


ピンクが好きなので、オレンジなんてとも思っていたからだ。


正直、そんな石がある事すら知らなかった。



そんな時、ふと訪れた鉱物展でその存在を知ることになる。




「ちょっと!あんた!ファイアーオパールの人でしょ?!」




入場した途端に、呼び止められ業者さんに捕まった私。


全く意味が分からないし、他に行きたいけれどそうもさせてくれない。



「このおばちゃん・・・強引・・・」



ぼーっとしていたら話がどんどん進み始める。




「欲しいって言っていたから探しておいたんだよ。」



「今来たばかりですけど・・・」



「だからファイアーオパールの人でしょ?」




全くらちが明かない。その時に初めて名前を覚えたファイアーオパール。




結局、ファイヤーオパールとオパールの詰め合わせセットと、ごり押しされたムーンストーン詰め合わせセットをお買い上げ。


凄く破格だったことは覚えている。




「きっとね、良いことあるから」





そう言われ、立ち去る私。


でも内心は、売りつけられたんだろうな・・・。と言う気持ちもあったり。


でも、何だか不思議な感覚。



そしてすれ違いに



「さっきファイアーオパールお願いしていた者ですが」



と本物のファイアーオパールの人が登場。


見たら唖然、愕然、呆然。



見た目が全然違う。


と言うより、性別自体違う・・・。


何故間違うの?と思い見ていた。




「ファイアーオパールの人はさっきの人だよ!さっさと帰んな」



そのやり取りを見て、押し付けられた訳ではなんだな・・・。


と帰路につく。




家で一連の不思議なやり取りを話すと、家族が突然立ち上がり、何かを持ってきた。




「ファイアーオパールってこれでしょう?」



そう言って、祖父の形見の指輪を手渡された。


綺麗なオレンジ色に輝く太陽の石。



そう言うことなのか・・・。



その時に私は指輪を受け取り、今でも勝負時には身に着けている。


あの時のおばちゃんの 「いいことがある」 はまだ意味が分からない。


でも、占い師に戻って良かったと思う。



スピスピしているのが嫌でしょうがないと、自己嫌悪に陥った時思い出すのがこのエピソード。



そう思うと、私にとってファイアーオパールの人は、そのおばちゃんだったのかもしれない。



「 きっといいことがあるよ 」



そう人にそっと温かく背中を押せる。


そんな占い師を目指そうと思う。

10回の閲覧
  • Twitter
  • Instagram