top of page
  • 愛海

私とファイアーオパール

ちょっと不思議なお話です。


これからは、そう言った不可解なエピソードを書き留めて行こうと思います。




私が占い師に戻った理由も「 石 」 からだった。


そのお話は又次回にでも。


占い師に戻った切っ掛けの1つの話。



今回の石は 「 ファイアーオパール 」


別名、メキシコオパールとも呼ばれ名前の通り、太陽フレアのような石である。



私自身、全く興味がない石。


ピンクが好きなので、オレンジなんてとも思っていたからだ。


正直、そんな石がある事すら知らなかった。



そんな時、ふと訪れた鉱物展でその存在を知ることになる。




「ちょっと!あんた!ファイアーオパールの人でしょ?!」




入場した途端に、呼び止められ業者さんに捕まった私。


全く意味が分からないし、他に行きたいけれどそうもさせてくれない。



<